トーヨーイスの日常

弊社ホームページならびにブログをご覧くださいましてありがとうございます。

本日は朝から雲ひとつない、青空が広がっていました。

本日、病気で療養していたベトナム人実習生の子が国へ帰りました。

今頃、祖国に着いている頃でしょうか。。

3月中旬病気が発症し、緊急入院し、6か月間日本でつらい治療を受けてきました。

ブログを読んで下さっていた皆様は気づいていたと思いますが、

彼の病名は、「急性リンパ性白血病」でした。

退院後は、再発しないように経過を見ながら、日本で働きながら満了帰国を考えていましたが、

「元気な状態でご両親のもとに帰してあげる」ことが一番の目的だったこともあり、

志半ばではありましたが、帰国することとなりました。

通常は会社から1名、組合から1名、合計2名で空港でお別れするのですが、

こんな事情だったこともあり、総勢20人以上でお別れをしました。

最後の説明があり、組合の皆様からは色紙の寄せ書きが・・。

写真見るだけでも思い出して泣けちゃいます。

そして、皆で写真を撮ろう、ということでまるで芸能人のようなカメラの数。

皆が彼を取り囲みます。

事務所総出で送りにきてくれた組合の皆様。

現・理事長さんは女性で、10年以上の付き合いになります。

今回の件は、都度相談しながら、

こちらの希望をいつも優先させてくれ、損得勘定はなしで

常に最善の方法を一緒に考えてくれました。

本当にあたたかい組合だと思います。もう、感謝しかありません。

他の組合だったら、迷わずに3月の時点で帰されていたんだろうな。。と思います。

そして、弊社のスタッフ。

何度も病院に足を運んでくれ、中心となって彼を支えてくれた人たちです。

彼と接することで、多かれ少なかれ人生観が変わったのではないでしょうか。

毎日「生きていること」は、当たり前ではないことだと思います。

人に対する優しさ、思いやりの心、助け合い、いろんなことを学びました。

最後は、卒業式のように1列に並んで一人ずつお別れをしました。

そして、本当に最後、彼は笑顔で祖国に帰りました。

私宛の手紙、弊社スタッフへの手紙も翻訳したものをいただきました。

3年後、病気を克服し、再会する約束をしてくれました。

今後も毎年変わらず実習生を受け入れていくと思いますが、

彼の事は一生忘れられないと思います。

ヘン ガップ ライ チャンくん!